ソフトバンクエアー解約金のダメージゼロで乗り換える方法

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法はいくつかあります。

 

まず、分割購入した場合は4年間利用する方法です。買い替えを頻繁に行わない方は、36ヶ月の分割購入で実質0円とすることができるので一番お得な方法と言えます。
また新機種に買い替えることを考えている方は、airターミナルを分割購入するのではなく、レンタルして、更新月で契約を解除すれば無料になります。

 

さらに他社の乗り換えキャンペーンを利用することです。光回線を提供しているメーカーや代理店の中には、
乗り換えの時に発生する他社での違約金などの費用をキャッシュバックしてくれるなどのキャンペーンを行っていることがあります。

 

ですので、ソフトバンクエアーの契約を解除した際にいったん支払いは発生するものの乗り換えた先の会社から費用の還元が行われるため、実質無料で解約することができます。

 

あまり知られていませんが、8日以内であればクーリングオフ制度が利用できます。この制度は速度が出ない、
申し込み時の説明が不十分だった場合だけに適用されるものですので、注意が必要です。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーは、工事をすることなく自宅にwi-fi環境を作れることがおすすめとなっているsoftbankが提供するサービスです。

 

工事の料金を抑えられますし、多くの方が快適にインターネットを利用できるものの、一部の方には満足いただけない場合もあります。

 

その一例が、写真や動画の送信を行う場合です。ソフトバンクエアーは上りの最大速度が光回線より遅くなりますから、大量の写真を送信したい方や動画投稿などを頻繁に行う方はストレスとなる場合もあることでしょう。

 

そのように速度的な問題などで解約した場合は、スマートフォンとは違い、wi-fiを利用することはできません。

 

解約後はただの箱となってしまいますから注意が必要です。さらに、解約する場合はインターネットではできず、電話でのみの解約となります。

 

加えてサポートセンターの営業時間は短めとなっていることから、忙しい方にとっては契約はしやすいものの、解約する際の手間がデメリットとなるかもしれません。

ソフトバンクエアーの解約金はいくら?

ソフトバンクエアーは、他の光回線サービスなどと同様に2年縛りがある契約になります。

 

ですので、更新月以外で解約する場合は、9,500円の違約金が発生しますから注意が必要です。
また、airターミナルと呼ばれるwi-fiルーターを分割購入している場合は、36ヶ月となっていますから、2年間で解約したとしても、12か月分の残債が残ることになりますから、違約金は発生しないものの、残債を支払う必要がでてきます。

 

この残債は分割の支払いはできず、一括請求されますから注意が必要になります。それで、分割購入している方は、2回目以降の更新月であれば、違約金も残債の支払いもなく解約ができます。

 

このような情報を元に、airターミナルを分割で買うか、レンタルするかを決定することができるでしょう。

 

新しい機種が希望の方は多少高いですがレンタルすることで更新月に無料で解約できますし、特に機種変更は期待していない場合は分割で買ってしまった方がトータルコストが安くなります。

 

ソフトバンクエアーの解約金の確認方法

工事不要でwi-fi環境が手軽に手に入ると評判のソフトバンクエアーですが、速度などを理由に解約したい場合、違約金がかかるのどうかやいくらなのかは、契約内容などにより異なってきます。

 

特に、更新月やairターミナルを分割にしているか、レンタルにしているかがカギになりますから、マイソフトバンクなどの会員ページで確認する方法で、経過年月や機材の契約内容を確認できるでしょう。さらに、解約金と言うと、更新月以外での解約や分割購入の際の残債をイメージしますが、それ以外にも費用がかかる場合があります。

 

それは、レンタルしているairターミナルの返却に関するものです。レンタルしている場合、解約後の翌月20日までに返却を完了する必要があります。

 

返却の完了ですから、翌月20日に発送しても期限に間に合わせることはできません。このような未返却に伴う違約金は、更新月以外での解約に伴う費用よりも高く設定されています。
レンタルしている方は注意が必要です。

ソフトバンクエアーの最低利用期間は

工事不要で手軽に自宅のwi-fi環境を整えられるソフトバンクエアーの最低利用期間は2年です。

 

ですが、レンタルではなく分割購入している場合は、2年で解約してもairターミナルの残債があるため、
違約金は発生しないものの、残債の一括購入費用が必要になります。費用的に見ると、長期で見ると分割での購入の方がレンタルよりもお得になります。

 

それで、契約時に将来発生するかもしれない費用について、ご自分のライフスタイルや使用する機器への考え方を元にして、よく比較検討してプランを選ぶことが大切になってきます。

 

分割購入している人は36か月の支払いが必要になりますが、他社で行われている乗り換えキャンペーンなどを利用することで、
違約金や残債の代金を実質無料で変更することが可能になる場合があります。速度やサービスなどに満足できない等、ネットの使用環境を変えたい場合は、様々な会社の情報などを集めてみるとよいかもしれません。

 

なぜWiMaxをキャッシュバックの金額で選んではいけないのか?

トップへ戻る