遅すぎて気絶しそうなソフトバンクエアーを違約金実質ゼロで解約する方法 

ソフトバンクエアー遅すぎ 解約しよう

人物画像

 

ソフトバンクエアー、見た目もスタイリッシュで工事もいらないから人気ですね。


人物画像

 

でもソフトバンクエアーは夜20時ころから24時くらいまで、一番使いたい時間にめっちゃ繋がらなくなるから解約したいんです。


資料画像

白いボディはカッコいいけれど。。

結論から言うとソフトバンクエアーは今すぐ解約が一番損をしない選択

人物画像

バンクエアーは、解約をしてBroadWiMAXに乗り換えるのが一番いいです。なぜなら

 

ソフトバンクエアーの解約違約金を肩代わりしてくれる

 

ネットが断然繋がる、速くなる

 

月々の支払いが安くなる(月額1,670円お得)

 

1,670円も安くなるとソフトバンクエアーの端末代も元が取れる。

 

Wi-Fiの持ち運びが可能になる。

 

間違いなくBroadWiMAXに乗り換えたほうがお得です。

 

人物画像

私は、ソフトバンクエアーを使っていたのですが、身も心もボロボロになっていました。

 

BroadWiMAXに乗り換えて本当に良かったです。 今からその顛末をお知らせします。

 

ソフトバンクエアーは一番使いたい時間にめちゃ遅い

人物画像

自宅が賃貸なのでワイファイの工事をしたくなかったため、置くだけで工事なしでインターネットがすぐ出来るソフトバンクエアーがいいなと思い、私も加入してみたんです。

 

最初は順調にネットも楽しめていたのですが、、だんだん帰宅してからの夜8時から12時くらいの時間でネットが遅くなり、しまいには通信速度がまったく使えないレベルにまでなってしまいました。

 

なぜそんなに遅いのか?

人物画像

これはいろいろな情報によるとソフトバンクエアーの利用者が増えて回線がいっぱいになっている事と、
夜の時間は利用が集中するので繋がらなくなってしまうということです。

 

どれくらい遅いのか?

人物画像

どれくらい遅いのかというと、 ユーチューブなどの動画サイトなんか、ぜんぜん見れません。  また普通にインターネットするくらいなら大丈夫でしょと思われるかもしれませんが、
ウェブサイトを見るのもページがぜんぜん開かず、ネットショッピングもままなりません。

 

限りない騙された感

人物画像

これでは
ソフトバンクに高いお金を払って送られてきた役に立たない白い箱を家においてあるだけです。 

 

生活の役に立っているものとは言えず、生活の邪魔をしているだけです。

 

ほんとうにだまされた気分です。

 

驚愕の実質スピード

人物画像

ネットスピードを測ってみるとなんと1.6Mbpsって、最初の約束と全然違う。はっきり言ってお金を取れるレベルの仕事ではないと思います。

資料画像

 

人物画像

 

これはひどいなあ、1メガって、ふつうにネット出来るスピードじゃないよね。ウェブサイトも見れない


人物画像

 

あきらかにお金を取れるレベルのスピードではないというのは確かですね。


人物画像

 

最初はキャッシュクリアとかでどうにかなるかなあ、と思っていたのだけど全然無理ですねこれでは。


なにも知らないと思って人をバカにしているソフトバンク

人物画像

あまりに遅いので、イライラマックスでソフトバンクに直接問い合わせをして、状況改善のための努力はしているか?と聞いてみたんです。
そしたらなんと、、「改善される見込みも予定もない」 、との回答をされました。

開き直っているとしか思えないソフトバンク

人物画像

よくもいけしゃあしゃあと、「改善される見込みも予定もない」 なんていえますよね。

 

普通に使えるものなのであればまだしも、あまりに遅くてネットショッピングなどではとてもできたものではない。ウェブサイトを見ることさえままならないのです。

 

解約しようとして騙されていたことを知る

人物画像

もういい加減にしてほしかったので、解約専用電話番号がありますので、そこへ電話しこれ以上ないドヤ顔で、解約します!といってやりました。

 

人物画像

これでこのひどい仕打ちからやっと解放される!と思っていたら、全然これだけでは終わらず、さらにとんでもないことを言われるはめになるのです。

ソフトバンクエアーの解約で違約金以外にかかる金額と回収方法

人物画像

ソフトバンクエアーの解約の電話口で言われたのは、

今解約すると解約月ではないので、解約手数料が10,260円かかる。(9,500円x消費税)

さらに、端末を割賦で購入していたため、
端末月額代金1,620円 x 残りの回数分の一括払いが必要。

人物画像

端末を月割りで購入している人は、毎月、「月々割り」という割引がが適用になっていて、1,620円の月額端末代金がタダになっていた。しかしそれが解約によって割引が解除になるため、残りを一括で払ってもらうという。 

 

人物画像

私は19か月分、残りがあったので、月額の料金1,620円x19回分で30,780円が一括払いの対象になるわけです。
そしてされに解約手数料が10,260円かかるので

 

私の場合、

合計41,040円が解約に際しかかってくる最低金額

となるわけです。

 

心をボキボキ折ってくる違約金と端末一括返済

人物画像

 

解約するのに4万円以上ももかかるのなら、我慢して今後も使って行くしかないか。。


人物画像

 

だいぶひどい話ですよね。GMOも評判悪いですがソフトバンクも相当なもんです。


 

人物画像

せめて違約金10,260円がかからないように解約月がいつか確認してみたら、まだまだずっと先でした。 

 

私の心はボロボロでした。 

 

まったく使い物にならないものに高い使用料と端末代金を毎月払い続けるのです。

 

解約したいと思ったら4万円以上のお金がかかる。気が狂いそうです。

 

人物画像

なんかわるい人に絡まれてお金を巻き上げられているような気がしました。 

 

苦しいですが、使い続けるしかないのでしょうか。。

 

だったら、出来れば解約せずに、何とか事態を良くしたい。

 

ネットのスピードを上げて欲しい。

 

何より今のままではネットが遅すぎて使い物にならない。

 

そんな使えないものに対してお金を払い続けれるのは絶対に嫌だ、

 

人物画像

それをソフトバンクに伝えると、それから提示してきたお話は、さらにサイテーだったのです。

ソフトバンクエアーの解約金を肩代わりしてくれるプロバイダー

私はもう、違約金を払ってもいいから解約したい。

 

そう思っていたところに、

人物画像

ソフトバンクエアーの解約金を代わりに払ってくれるプロバイダがあることが分かったんです!

 

しかもソフトバンクエアーよりも速くて、月々の使用料金も安いのです。

 

早ければ早いほど得をする乗り換え

 

BroadWiMaxは、他社のプロバイダ解約に伴う違約金を最大19,000円まで負担してくれるプロバイダです。 

人物画像

これは、ソフトバンクエアーだけでなく、他社のモバイルWiFiルーターも対象になっているのでチェックしてみてください。

 

一時的に支払いが大きくなっても、必ず元が取れるWiMaxへの乗り換え

人物画像

例えばうちの場合だと、

 

解約手数料10,260円を肩代わりしてくれるので、あとは30,780円の割賦端末代だけ払えばよくなります。

 

ソフトバンクエアーの月々の料金が5,596円だったものがBroadWiMaxに変更することによって3,926円になるので、乗り換えることにより月々1,670円浮くことになります。

 

毎月1,670円浮くということは、18カ月(1年半)BroadWiMaxを使用していると、ソフトバンクエアーの割賦端末代金を回収できることになります。 Wifiはずっと使うわけですから、安いところに帰れば必ず元が取れるのです。だったら、やらないという選択肢はないですよね。

 

しかもBroadWiMaxは最新の端末が用意されていて
ネットスピードもなんと下り1ギガ超えています。スピードも問題なしですね。

 

ネットが早くなって、持ち運びはもちろん機動性を確保したまま、値段も安くなる上に解約手数料も肩代わりしてくれる。

 

間違いなく乗り換えたほうがお得です。

 

ソフトバンクが勧める解約方法がクソ

人物画像

オペレーターのお姉さんのお話によると、ソフトバンクエアーをやめて、ソフトバンクひかりに乗り換えてくれるなら、

 

解約手数料10,260円が免除、
月々割りも継続され1,620円x19回の30,780円も払う必要がない、
そして光回線の開通工事費用が無料
契約事務手数料も無料。

 

人物画像

こんなゴージャスな条件が適用になるそうです。 素晴らしいですね。

 

至れりつくせせりで、これならソフトバンクひかりにする人たくさんいると思います。

 

でも。

 

人物画像

最初に言った通りうちは固定回線の工事はしたくない。

 

そんなことより、こんなに普通の使用に耐えられないひどい商品を売りつけておいて、

 

いやなら固定回線はどうだ?優遇してやるぞ、みたいな足元を見てくる会社は、やっぱり許し難い。

 

人物画像

工事なしで手軽にインターネット、こういうコンセプトいいな、と思ってソフトバンクに賛同したからソフトバンクエアーを選んだのに、

 

それを今さら固定回線にしろだなんて、人をおちょくるのもいい加減にしてほしいと思う。

 

でも、ソフトバンクエアーのカスぶりは、これだけじゃないんです。

 

さらに待ち受けるソフトバンクのとんでもないワナ!更新月に気をつけろ!

人物画像

契約期間は2年しばり、そして端末の契約は3年。(割賦で購入の場合)

 

最初は、これがいったい何を意味しているのか、わからなかったのです。

 

しかしこの変則的な契約には、ソフトバンクの巧妙なワナが隠されているのです。

 

ソフトバンクから2年目の更新月に突然携帯に電話がかかってきます。

 

人物画像

 

更新の時期です。今お使いの端末よりも性能のいい端末に同じ月額料金で交換しませんか?


 

人物画像

 

今より性能がいい端末に同じ料金で交換できるのか。。それならいいな。


 

このようにすぐに騙されてしまって、お願いいたします。みたいに答えてはぜったいにいけません

 

なぜならそこからまた新たしい端末の3年の契約がスタートしてしまい、さらにそこから3年のやめられない期間が始まってしまうからです。

 

ソフトバンクからの悪魔のささやき

人物画像

契約自体は2年で、それが終わりそうになっても、端末の契約は3年なので、まだあと1年残っています。

 

ソフトバンクエアーに嫌気がさして、2年目の違約金が発生しない月に解約をしたいと思っても、
端末の残り代金1年分(1,620円x12=19,440円)を一括で払わないといけない。 

 

そんなのいやだな〜と思っているところに、ソフトバンクから上記の悪魔のささやき電話がかかってくるのです。

 

そして。。

人物画像

新しい端末に交換したら、スピードがアップするかもしれない。

 

言葉巧みに新しい端末を与えることで、環境が改善するかもしれない、という期待感が生まれます。

 

こうしてソフトバンクのワナからまたあと3年、出れなくなってしまうのです。

 

使わない端末の残り1年分の料金を一括で払わされるのはイヤだ!という心理を見事に利用されているわけですね。

 

ここまでくると本当にソフトバンクという会社に対して、信用できる要素が一つもなくなってしまいますよね。

それでもいいから解約したい時の手順

人物画像

実際に死ぬまで遅くて、使い物にならないソフトバンクエアー。 ソフトバンクに相談しても、

 

人物画像

 

はあ?しらねーし?


みたいな態度をとられて、そんなに気に入らなきゃソフトバンクひかりに入れ、という扱いを受ける。

 

こんな会社、どう思いますか? 

まとめ

ソフトバンクエアーの解約をしてBroadWiMAXに乗り換えるメリット

 

ソフトバンクエアーの解約違約金を肩代わりしてくれる
ネットが断然速くなる
月々の支払いが安くなる(月額1,670円お得)
1,670円も安くなるとソフトバンクエアーの端末代も元が取れる。
Wi-Fiの持ち運びが可能になる。

 

間違いなくBroadWiMAXに乗り換えたほうがお得です。

 

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法はいくつかあります。

 

まず、分割購入した場合は4年間利用する方法です。買い替えを頻繁に行わない方は、36ヶ月の分割購入で実質0円とすることができるので一番お得な方法と言えます。
また新機種に買い替えることを考えている方は、airターミナルを分割購入するのではなく、レンタルして、更新月で契約を解除すれば無料になります。

 

さらに他社の乗り換えキャンペーンを利用することです。光回線を提供しているメーカーや代理店の中には、
乗り換えの時に発生する他社での違約金などの費用をキャッシュバックしてくれるなどのキャンペーンを行っていることがあります。

 

ですので、ソフトバンクエアーの契約を解除した際にいったん支払いは発生するものの乗り換えた先の会社から費用の還元が行われるため、実質無料で解約することができます。

 

あまり知られていませんが、8日以内であればクーリングオフ制度が利用できます。この制度は速度が出ない、
申し込み時の説明が不十分だった場合だけに適用されるものですので、注意が必要です。

 

ソフトバンクエアーの解約金はいくら?

 

ソフトバンクエアーは、他の光回線サービスなどと同様に2年縛りがある契約になります。

 

ですので、更新月以外で解約する場合は、9,500円の違約金が発生しますから注意が必要です。
また、airターミナルと呼ばれるwi-fiルーターを分割購入している場合は、36ヶ月となっていますから、2年間で解約したとしても、12か月分の残債が残ることになりますから、違約金は発生しないものの、残債を支払う必要がでてきます。

 

この残債は分割の支払いはできず、一括請求されますから注意が必要になります。それで、分割購入している方は、2回目以降の更新月であれば、違約金も残債の支払いもなく解約ができます。

 

このような情報を元に、airターミナルを分割で買うか、レンタルするかを決定することができるでしょう。

 

新しい機種が希望の方は多少高いですがレンタルすることで更新月に無料で解約できますし、特に機種変更は期待していない場合は分割で買ってしまった方がトータルコストが安くなります。

 

ソフトバンクエアーの解約金の確認方法

 

工事不要でwi-fi環境が手軽に手に入ると評判のソフトバンクエアーですが、速度などを理由に解約したい場合、違約金がかかるのどうかやいくらなのかは、契約内容などにより異なってきます。

 

特に、更新月やairターミナルを分割にしているか、レンタルにしているかがカギになりますから、マイソフトバンクなどの会員ページで確認する方法で、経過年月や機材の契約内容を確認できるでしょう。さらに、解約金と言うと、更新月以外での解約や分割購入の際の残債をイメージしますが、それ以外にも費用がかかる場合があります。

 

それは、レンタルしているairターミナルの返却に関するものです。レンタルしている場合、解約後の翌月20日までに返却を完了する必要があります。

 

返却の完了ですから、翌月20日に発送しても期限に間に合わせることはできません。このような未返却に伴う違約金は、更新月以外での解約に伴う費用よりも高く設定されています。
レンタルしている方は注意が必要です。

 

ソフトバンクエアーの最低利用期間は

 

工事不要で手軽に自宅のwi-fi環境を整えられるソフトバンクエアーの最低利用期間は2年です。

 

ですが、レンタルではなく分割購入している場合は、2年で解約してもairターミナルの残債があるため、
違約金は発生しないものの、残債の一括購入費用が必要になります。費用的に見ると、長期で見ると分割での購入の方がレンタルよりもお得になります。

 

それで、契約時に将来発生するかもしれない費用について、ご自分のライフスタイルや使用する機器への考え方を元にして、よく比較検討してプランを選ぶことが大切になってきます。

 

分割購入している人は36か月の支払いが必要になりますが、他社で行われている乗り換えキャンペーンなどを利用することで、
違約金や残債の代金を実質無料で変更することが可能になる場合があります。速度やサービスなどに満足できない等、ネットの使用環境を変えたい場合は、様々な会社の情報などを集めてみるとよいかもしれません。

 

なぜWiMaxをキャッシュバックの金額で選んではいけないのか?

 

ソフトバンクエアー解約のデメリット

 

ソフトバンクエアーは、工事をすることなく自宅にwi-fi環境を作れることがおすすめとなっているsoftbankが提供するサービスです。

 

工事の料金を抑えられますし、多くの方が快適にインターネットを利用できるものの、一部の方には満足いただけない場合もあります。

 

その一例が、写真や動画の送信を行う場合です。ソフトバンクエアーは上りの最大速度が光回線より遅くなりますから、大量の写真を送信したい方や動画投稿などを頻繁に行う方はストレスとなる場合もあることでしょう。

 

そのように速度的な問題などで解約した場合は、スマートフォンとは違い、wi-fiを利用することはできません。

 

解約後はただの箱となってしまいますから注意が必要です。さらに、解約する場合はインターネットではできず、電話でのみの解約となります。

 

加えてサポートセンターの営業時間は短めとなっていることから、忙しい方にとっては契約はしやすいものの、解約する際の手間がデメリットとなるかもしれません。

 

トップへ戻る