【2019年7月版】なぜGMOのWiMaxは評判がわるいのか?ワイマックスを選択する上で注意すべき点と口コミ評判について

GMOとくとくBBとはどんなプロバイダ?なぜキャッシュバックがこんなに高いのか?

この記事はこんな人向けです。

GMOのワイマックスを検討しているが迷い中の人

 

GMOのワイマックスのよい評判わるいい評判をを知りたい人

 

3分でワイマックスを選ぶ上で注意することを知りたい人

 

人物画像

 

GMOとくとくBBは、wimaxのプロバイダの中でもキャッシュバック額が圧倒的に高いことから人気のプロバイダーですよね。


人物画像

 

キャッシュバック額が最近37,150円(2019年7月現在)でワイマックスのキャッシュバックの中では一番人気の高額のキャッシュバックですが。。


 

人物画像

 

キャッシュバックを満額もらえるまでのハードルが鬼高いです。


人物画像

 

また、やることが多いだけではなく、数々のえげつないワナが仕掛けられています。


なぜgmoWiMaxの評判はよくないのか?とくとくBBの口コミ・評判

比較画像

 

人物画像

 

GMOとくとくbb wimaxですが、評判が悪いようですが、なぜでしょうか?


人物画像

 

契約をしたけど、サービスの内容が希望の条件に合わなかったなど、

 

とくに、キャッシュバックについて情報を調べているとその極悪ぶりが話題になっており、機種変更を機にbroadWiMaxに乗り換える人が多いようです。


人物画像

 

そもそもgmoとくとくbbのwimaxはキャッシュバック額が一番高いプロバイダとして有名です。


人物画像

 

またサポートの手厚さなどの評判もよく、数あるwimax回線の中でも加入者が多いサービスとなっています。


人物画像

 

人気なはずなのに、どうして実際に評判がよくないの?


人物画像

 

どんなところが実際に評判がよくないのか調べてみたら、大きくわけて次の3つのものでした。


 

キャッシュバックを申請できるのが契約から11ヶ月後、実際にもらえるのはそのさらに1ヶ月後 長すぎ

 

さらにキャッシュバックをもらえるまでの手続きが拷問のように煩雑

 

過去にGMOとくとくBBの会員になったことがある人はキャッシュバック対象外

 

人物画像

 

そんなGMOとくとくbbのワイマックスの評判について詳しく検証してみますね。


GMOとくとくBBWiMaxのデメリット@知らぬ間にキャッシュバック対象外に

 

過去にGMOとくとくBBの会員になったことがある人はキャッシュバック対象外

 

人物画像

 

GMOとくとくBBは、ワイマックスのほかにも、フレッツ光、ドコモ光、ADSLや固定IPサービスなど、幅広く事業を行っています。ここで気を付けないといけないのは、


かつてフレッツ光やドコモ光などのGMOとくとくBBのサービスを利用していた人は、 
ワイマックスのキャッシュバックキャンペーンの対象外となるということです。 

 

人物画像

 

すでにGMOとくとくBBの会員になっている人はキャッシュバックもらえない、ということ??


人物画像

 

そうです!わたしは以前自宅でフレッツひかりを利用していた際、プロバイダどこだっけ?と思って古い資料を探してみたら、ソネットで契約していました。


人物画像

 

フレッツひかりを使っているという自覚はありましたが、正直どこのプロバイダだったかまったく覚えていませんでした。


人物画像

 

GMOとくとくBBでワイマックスを契約して、よーしキャッシュバックだー!!


人物画像

 

と思っていたら、昔別の契約をGMOですでにしていて、全然キャッシュバックをもらえなかった、なんていうことが起こりうるということですね。


人物画像

 

ADSL時代にプロバイダどこ使ってたかな??GMOとくとくBBのだったかも。。


人物画像

 

あなたは、ADSL自宅で使っていた時のプロバイダ、思い出せますか?


人物画像

 

その時GMOとくとくBBを使ってたとしたら、37,150円はパーということ??


人物画像

 

その通りです。GMOですでに何かの契約がある人はこの時点で撃沈です。


GMOとくとくBBWiMaxのデメリットAキャッシュバックのタイミング手続きが11か月後

 

人物画像

 

キャッシュバックの手続きを実際にさせてもらえるのが、契約して利用を開始してから11か月後なんです。


人物画像

 

え!11カ月後?遅っ!なにそれ??


人物画像

 

gmoとくとくbbでキャッシュバックの特典を得るためには、


人物画像

 

契約した11ヵ月後(!)にくる山のようなメールの中から、キャッシュバック用のメールを何とか探し出し、


人物画像

 

そのメールに乗っている振込口座指定方法で手続きをしないと、キャッシュバックをもらえないようになっています。


人物画像

 

毎日毎日プロバイダーから同じような広告メールが連打されてくるので、その中からキャッシュバック用のメールを探し出すのがえらいこっちゃなわけです。。


人物画像

 

これはかなり評判がよくなく、拷問と例えるネット上の口コミも散見されます。


 

GMOは出来るだけキャッシュバックを払いたくない??

 

11カ月というのは、これはどういう意図があるのかわかりませんが、かなり絶妙な時間設定なんじゃないかと思います。

 

1年たつと、1年か〜、くらいで覚えている人もいますからね。11か月。 GMOはいったいなにを意図しているのでしょうか?
これじゃキャッシュバックをもらい損ねる人が続出しているのも頷けます。 

 

また、GMOから来る口座設定用のメールですが、11か月後に来るといっても、11か月後のいつ来るかわかりません。

 

メールが来て実際に確認できるまで毎日毎日GMOからの広告メールを開封する作業に追われます。 

 

ネットにはコレを、『拷問』 と表現してい人もいました。確かに毎日キャッシュバックいつだ?と思いながらメールを開封するのは非常にストレスがたまる作業と言えるでしょう。

GMOとくとくBBWiMaxのデメリットB普段のメールにお知らせが来ない

 

キャッシュバックのお知らせが来るメールアドレスを指定できない

 

普段使っているメールアドレスを指定して、キャッシュバックのお知らせが来るのを待っていることが出来ればいいのですが、

 

メールアドレスは契約時にGMOで新しく割り当てられるものを使わないとイケません。

 

これはGMOの管理画面から見ることが出来るウェブメールなのですが、180日以降のメールは保存されず消去されてしまいます。 

 

ちょっとうかうかしているとメールが消えてしまうんです。 普段見ないアドレスをそのためだけにチェックし続けるって、まじか。。と言う感じですよね。

 

自分のアドレスに転送をかけることもできますが、メールの設定が面倒な人はここでもハードルが一つ上がるわけですね。

GMOとくとくBBWiMaxのデメリットC全部うまく出来ても入金はそのひと月後

うまくメールが受け取れた、口座指定もできた、入金はさらにその1か月後

 

なんとか拷問のようなメール開封作業もこなし、メールで指定された方法で入金口座も指定し、うまく出来たと思ったら、

 

入金がその1ヵ月後になるということで、ワイマックスを契約してから入金になるまでになんと12ヵ月の時間がかかるわけですね。

 

その他にも、高額キャッシュバックの場合は最新の機種が受け取れないなどのさまざまな落とし穴があることは確かです。

 

ちゃんともらえている人は全体の3分の1以下という話もありますし、高額キャッシュバックは一筋縄ではいかない、と思ったほうがいいでしょう。

gmoとくとくbbWiMaxのその他メリットデメリット

GMO とくとくbbのワイマックスの評判でいいのは、ヘルプデスクの案内がチャットでほとんどの質問には回答してくれるのと、電話での対応が結構いいので、それも特筆すべきところですね。

 

また有料ですが、サポートが充実しているのでポケットワイファイの中でもその点は良いと思います。

 

3年のギガ放題の契約の人が一番多い内容となっています。3年目の更新の月に解約すればお金がかからず解約できます。費用を安く抑えるためには、プロバイダのサイトをよく見て特徴を理解し、特典を最大に生かすことがポイントです。

 

またプロバイダが連絡してくるために普段使っているメールアドレスの他にメールアドレスを新しく作ることになりますが、解約する際もメールで受け付けてくれないプロバイダもあります。

 

中でもワイマックスではありませんが、ソフトバンクエアは、電話でしか解約を受け付けてもらえません。

 

また、高額キャッシュバックもクレジットカードの契約限定で、口座振り替えだとキャッシュバック額が減ることも考えると、メリットをあまり感じられないかもしれません。

 

so-netのワイマックスbiglobeのワイマックスも同じ端末でも値段が違うし、ワイマックスの料金設定は本当にわかりにくいなと思います。

 

クレードルは収まりもよく見栄えもいいのですが、充電しっぱなしにしていると電池のもちが悪くなるので適宜充電が出来たらはずしておくことをお勧めします

 

ワイマックスはおおむね室内でも電波状況は問題ないですが、たまに建物の構造上窓際が一番入りやすい場合もあります。

 

実際ブロードワイマックスは最短翌日あっという間に届くのですぐ使えるわけですね。対応的には非常に速いと感じます。

 

uq wimaxは他のプロバイダによい条件を出して売ってもらう必要がある以上 は、自分のことろでお客さんを独り占めするわけに行かず、端末もサービスも安くすることが出来ないわけです。

 

ホームページを閲覧する程度であれば充分すぎるスピードですが、使いすぎるとご存知の通りデータ 通信量に制限がかかるため、高画質の動画を避けるなど、対策を講じないと通信量が高く出てしまう。サイト運営者やクリエイターは注意が必要ですね。

GMOとくとくBBWiMaxのデメリットまとめ キャッシュバックが鬼ムズすぎ

GMOとくとくBBのワイマックスは、時期にもよりますが平均で38000円程度、最高で4万円のキャッシュバックをだしている場合もあります。

 

2019年6月限定での価格は37,100円となっており、ワイマックスのプロバイダーの中では常に断トツのキャッシュバック額を誇っています。

 

しかしキャッシュバック額が高い分ちゃんとキャッシュバックをもらえるためのハードルはやはり非常に高く、

 

前述のように

 

@専用のメールアドレスの開通
A山のような広告メールをかわし
Bやっと口座設定用メールをみつけ登録
C1ヵ月後にやっと振り込み

 

というとんでもない長丁場になってしまうというのが現実です。

 

でも、キャッシュバック額が高額だし、待ってみる価値もめんどくさくてもやる価値あるでしょ、というあなた!

 

ちょっと待ってください、

 

もう一度こちらの表をご覧ください。 こちらは、各主要プロバイダの36か月(3年契約)の総支払い額を比較したものです。

 

比較画像

 

繰り返しになりますが、これをみると、キャッシュバックがもらえた場合と、もらえなかった場合の両方でも、GMOとくとくはぜんぜん安くないことがわかります。

 

この表はGMOのキャッシュバックを38,000円で計算していますが、それでも、

 

キャッシュバックをもらえた場合の平均月額料金6プロバイダ中4位

 

キャッシュバックをもらえなかった場合の月額料金は6プロバイダ中最下位

 

という結果で、

 

キャッシュバックの額が大きいにも関わらず、月額契約料金にならしてみると、GMOとくとくのワイマックスは、まるで全然安くないという結果になっています。

 

 

しかもネットでも少し検索すればいろいろウワサが出てきますが、GMOのキャッシュバックを払いたくないという執念は並大抵のものではなく、本当にキャッシュバックを受け取れている人は全体のおよそ3分の1程度ともいわれています。 それは評判はよくなくなりますよね。。。

 

GMOとくとくBBの場合、 

36ヵ月間総額 167,332円 最安値より33,222円高い!
キャッシュバック後月額平均3,593円 最安値より318円高い!
キャッシュバックなし月額平均4,648円最安値より923円高い!

 

他社と比較してみても、キャッシュバックをうまくもらえたとしても、GMOのWimaxは月額も総額もまるでお話にならないくらい値段が高い!というのが実際のところですね。

 

しかも、GMOの場合はキャッシュバックをもらえるまでのハードルが高すぎです。

 

冷静に考えても、どうしてもGMOじゃないとダメ、という理由がない限り、契約すると損をするだけになってしまいます。

 

ワイマックスを選ぶ際は、支払う料金を月額だけで見たり、キャッシュバックの額だけを見るのではなく、

 

契約期間中の総支払額の平均を見てプランを選ぶことが必要です。

 

また、キャンペーン内容がが頻繁に変わるため毎月、数あるワイマックスプロバイダを比較し注意することが必要です。

 

それを怠ると、得をすることを考えているのに、実は損をしていたということになりかねません。

 

『gmoとくとくbb wimaxワイマックス』 なんてのは嘘っぱちで、『GMOそんそんワイマックス』 じゃないか、というのが実のところです。(笑)

 

解約に関してもハードルが高く、違約金も高くなかなか解約することが出来なかったり、対応の評判があまりよくなく、おすすめ出来るプロバイダとはいえません。

 

ネット検索した時点で、『gmoとくとくbbを解約する方法』 なんていう情報がたくさん出てくるということは、利用している人があまりハッピーではないのかもしれません。

 

gmoとくとくbb 口コミや評判をわるくしている主な理由は、基本的な料金設定が高すぎるのに、いろいろとまやかしをしてわざとわかりづらくしているのと、

 

とくにキャッシュバックの難しさ、意地悪に感じてしまうほどの手続きの煩雑さだと思います。

 

何というか、騙されてる気になってしまうというか、プロバイダに誠実さを感じないのです。

 

Wimaxは、wi-fiの接続の知識がなくてもすぐにインターネットが出来るので 設定を気にしなくていいので機械にうとい人でもとても安心です。

 

手軽にインターネットを楽しむことが出来るため人気が高いですが、そのため顧客の奪い合いも激しく、上記のような複雑な料金携帯や、まやかし的なことを行うプロバイダがいるわけですね。

 

WiMaxを選ぶ際に注意しなければならないことは、単にキャッシュバックの額が多いということだけではなく、

 

2年、または3年間の契約期間の間に、支払いをする金額の合計を見る必要がある

 

ということです。 苦労してゲットした高額キャッシュバックも、実は月額が高くて最終的に払う金額が高くなってしまった、というケースはけっこう多いので注意しましょう。

 

WiMaxを選ぶ際に注意しなければならないことは、単にキャッシュバックの額が多いということだけではなく、

 

2年、または3年間の契約期間の間に、支払いをする金額の合計を見る必要がある

 

ということです。 苦労してゲットした高額キャッシュバックも、実は月額が高くて最終的に払う金額が高くなってしまった、というケースはけっこう多いです。

 

GMOWiMaxの解約金を負担してくれるBroadWiMax

 

GMOとくとくBBのワイマックスだけではありませんが、一度契約してしまうと途中で解約するには違約金を払わなければならないリスクも発生してしまいます。額も大きいです。

 

でも、Broadwimaxは他社の端末から乗り換えでも発生する違約金を負担してくれるので、乗り換えしたとしてもかかる費用がありません。乗り換えることで料金がかかることはありません。

 

上記の内容は、満足度が高く人気です。 しかもブロードワイマックスは当日発送もしてくれますので、遅い時間指定でも受け取ることが出来ます。

 

ワイマックスはさまざまなプロバイダがあります。GMOとくとくbb、 dti、カシモなどなど、どこのプロバイダも端末が同じなら性能に違いはなく、気を付けないといけないところは

 

最新の端末を選ぶこと
キャッシュバックのワナに騙されないこと

 

この2点が一番大切です。

 

最近光回線が営業が盛んで、au 、ソフトバンクやドコモ光で光回線申し込む人が多いですが、光回線も加入者が多く通常は最高速度まで出ないというのが実情のようです。
そういう状況だとネットが思ったよりかなり繋がらず不安になる可能性もあります。

 

 

ブロードワイマックスは、Netflixを大きな画面でしっかり動画を見たり、ネットゲームを存分に楽しむこともできる快適な使用環境です。
面倒な設置工事もなしで、自宅に人が入ってくることもありません。

 

ブロードワイマックスを見てみる

比較画像

gmoとくとくbb wimaxのエリアは?速度制限はどうかかる?

ハイスピードモードのとき(LTE利用時)に7ギガを超えると通信速度が月末まで128Kbpsに制限されます。対象となるのはAモードと呼ばれるLTEを併用しているときのみでただのハイスピードモードだけは速度制限はかかりません。

 

下りmbpsとはダウンロードしているときのスピードで、メガバイトパーセカンド(一秒間にメガバイト)という理解の仕方になります。
実際にはそれだけの秒数がかかり使用しているとそれなりのイライラ感を感じることになるでしょう

 

インターネット通信速度など自分で確認するのが一番確実な方法です。口コミを参考にするのも必要ですが、ネットの情報を 全て鵜呑みにしてはいけません。また値段が安いだけで選ぶこともしてはいけません。

 

登録する前に、前もって基本的なカバーできるエリアと、支払う金額がどれくらいになるかを確認する必要があります。金額がどれくらい以下だったら納得できるかなど、3年分の支払い合計を知っておくことで初めて安心することが可能です。

 

スマホの速度制限がかかってギガが足らないユーザーは増え続け、ワイマックスのユーザーは2018年よりも2019年以降は大幅に拡大していくでしょう。ネットでもそういった記事が多く見られます。

 

 

また、通信エリアを事前にしっかりと調べておくことも大切です。

 

圏外になってしまうエリアではLTEを使うことでネットはつながりますが、すぐに通信制限をオーバーしてしまいますので、確認してみましょう。

 

LTEを使わなくてもすむようにワイマックスが対応しているエリアであくまで可能なことなのでしっかり確認します。
また端末の発送は最短その日にしてくれるので早くて翌日から利用することが出来ます。

 

さあついにこれで憧れのモバイルインターネット生活が始まります。ポケットwi-fiなので外に持ち運ぶことが可能ということでインターネット活動できるエリアが広がります。
内容が濃いネット生活になると思われます。

 

ほとんどの人が3年間のギガ放題の契約ですので、キャッシュバックのタイミングは11ヵ月後に申し込みとそのさらに1ヵ月後の支払いとまるまる1年は待たされるわけです。

 

gmoとくとくbb キャッシュバック はいったいいつ申し込みできるかというと、11ヵ月後からメールの配信が始まり、その一ヶ月間の間だけ申込ができるので、期間が短いわけですね。

 

Wimaxの契約はほとんどの人が3年間のギガ放題を選択しキャッシュバックを目標に入れていますが、しっかりと申し込みが出来なかった場合は、割引を受ける対象から外れてしまいます。

 

Gmo とくとくbbのワイマックスのキャッシュバックは、まず申し込みの ページにたどり着くまでが大変です。 

 

毎日のようにプロバイダからメールが送られてきて、その中からキャッシュバックに関したメールを探すのが大変なのですが、そこを超えないと申し込みを受付てさえもらえません。

 

これが割引が適用になるまでの設定で利用 のハードルがとても高いいえます。

 

キャッシュバックが1年後に実施されるなんて、気分的に落ち着かないですし、タイミングが合わずに申し込み忘れてしまい、キャッシュバックがもらえないということも。。

 

キャッシュバックアウトになっている人もいて、確実にもらえるわけではないというのは知っておいたほうがいいかも知れません。

 

キャッシュバックに失敗する キャッシュバックアウトについては、 twitter でも話題になっていました。

トップへ戻る