GMOWimaxキャッシュバックの受け取り方法が難しい

GMOWiMAXキャッシュバックもらえる人もらえない人

WiMAXのキャッシュバックを正しい受け取り方を誤解する、またはそもそも理解していない、理解したが時間がたって忘れてしまっている、そんな感じでキャッシュバックを貰い損ねる人が続出しています。忘れてしまうなんてそんな間抜けな人いるの?と思うと思いますが、そう言う人に限って忘れて貰えない笑えない。という事態に陥っています。ここでは貰い損ねるパターンと貰い損ねる人の特徴などなど、お知らせします。

WiMAXのキャッシュバックもらい損ねる人の特徴

いきなり感じ悪い書きかたですが、貰い損ねる人には特徴があります。

 

特徴その1 メモをとらない

 

これはあらゆることに共通しますが、物忘れが激しい人は、予定を見返す癖がありません。その時はわかっているのですがあーあれね!くらいにうろ覚えして、あとで100パーセント忘れます。
ここは勘違いしない方がいいのですが、予定をしっかり覚える人も、実はものは忘れてしまうのです。なにか違うかというと物忘れしない人はしっかりとメモにとっておく、メモをとりさえすれば忘れてもいいのです。忘れてしまうためにメモると言っても過言ではなく、そしてそのメモもしっかりと見返す癖があるのです。だから忘れない。WiMAXのキャッシュバックを忘れる人はなんでも忘れてしまいます。

 

特徴その2 人の話も聞いたふり

 

これもいろいろな場面で遭遇しますが、理解しているように見えるひとで理解できてない人の特徴として非常にガンコというのがあります。
わかっているように見えてももう一度確認作業をしようとするとあからさまにうっとうしがったり、わかってるよ、などという人は非常に要注意なのですが、厄介なのは本人がそれをまるで自覚していないことが多いことです。 忘れていることにぎりぎりの段階で気が付く事があればいいのですが、たいていそうはいきません。 教えてあげる人もいない、自分でアラームもセットしない、という場合WiMAXのキャッシュバックも同じように流されて行ってしまいます。

 

もらい損ねないための対策と注意事項

ではどうすればWiMAXのキャッシュバックのタイミングを忘れないのでしょうか?

 

やはり原始的なやり方が一番○ という結論になります。グーグルカレンダーでiPhoneと同期して、とやってもいいのですが、出来ますか?
そんなハイテクが出来ない人の場合でも例えば、、

 

台所の壁に貼っておくメモ
トイレのカレンダー
携帯電話のリマインダー、
会社のデスクカレンダー、
家族に覚えてもらう、

 

などなど。。

 

ありとあらゆる作戦でWiMAXのキャッシュバックの時期を忘れないようにしこんで置くのです。

 

そうすればWiMAXのキャッシュバックの時期を忘れてしまうなんて言うことは起こりにくいです。

WiMAXキャッシュバックで最新機種を選ばないといけない理由

WiMAXのキャッシュバックも大変重要ですが、端末選びで失敗しないように気を付けないといけません。

 

というのも最新のWiMax機種を選ばないと、速度が圧倒的に劣るのです。 例えば、

 

クラウドモバイルのWX05が下り最大758Mbpsに対し、
ブロードワイマックスの最新端末のW06は1.2Gbps(1200Mbps)と約1.6倍のスピード!

 

これだけ見ても大きな差がある場合、選択をどうやって間違えてしまうのかちょっと理解に苦しみます。

トップへ戻る