無線LAN(Wi-Fi)ルーター・モバイルWi-Fi人気おすすめ【最新2019年】

無線LANルーターを選ぶ前に確認しておくこと

家で使う場合「人気の無線LANルーターはどれか?
と選ぶ前にチェックしておくべきポイントがあります。それは、使う人数・台数について。そして、マンションか一軒家なのか?家の間取りについてです。順番に確認していきましょう。

 

一人で使うのか、家族で使うのか?人数・台数を確認する

無線LANルーターは、同時に使用する台数で選ぶことが大切です。一人暮らしの場合、家族で暮らしている場合で、使う人数・台数が大きくが変わってきます。一人暮らしの方でも、スマートフォン・パソコン・タブレット・PS・テレビ…など、持っている機器が多く一度に使用することがあるなら、合計で何台あるのか把握しておきましょう。

 

家の間取りを確認する

家の隅々まで無線LANルーターの電波を届けるためには、メーカーが推奨している間取りを確認しておきましょう。商品によって、横置き・縦置きや壁に掛けるタイプなど設置方法が異なります。

 

無線LANルーターと、通信機の場所が遠く離れると、電波が届きにくくなり通信速度が低下する原因となります。鉄筋コンクリートの壁などは、電波が遠くまで届きにくく、通信できなくなる場合もあります。そのような場合は、電波を細く絞り指向性を高める「ビームフォーミング」対応の機種を選ぶようにしましょう。

 

また、無線LANルーターが家の中央に設置できないなど、設置場所によって電波が届きにくそうな場合は、今の使用環境よりも一つ上のモデルを選ぶのも一つの方法です。

おすすめの無線LANルーターのメーカー

無線LANルーターを選ぼうと思っても「そもそもどこのメーカーの商品がいいのかわからない」「初心者でも安心して使えるおすすめのメーカーとは?」と心配ですね。おすすめのメーカーを紹介します。

 

NEC(日本電気)

日本の通信技術を引率してきた電機メーカーのNECは国内最大手の企業です。「Wi-Fi設定引越し機能」や「IPv6 High Speed」に対応しているシリーズなど、他社の無線LANルーターにはない便利な機能があるのも特徴です。

 

バッファロー(buffalo)

国内大手のパソコン周辺機器メーカーであるバッファロー。個人が使えるものから企業が使うような法人向けのタイプまで、多種類の無線LANルーターを作っています。国内でシェア率も高く、初めて無線LANルーターを購入する方に人気のメーカーです。

 

エレコム(Elecom)

エレコムは、パソコンサプライの最大手として広く知られてきました。「ユーザーと機器をつなぐもの”ヒューマン・インターフェース”をさらに快適に使いやすく」をコンセプトにしています。近年では無線LANルーター等のネットワーク製品の開発を強化しています。

ワイファイルーター 利用環境からおすすめを紹介

家の間取りや、通信機器の台数を確認し、おすすめの無線LANルーターのメーカーがわかりました。しかし、それでも同じメーカーでもたくさんの種類が出ていてよくわからないですよね。そこで、利用環境に合わせたおすすめの無線LANルーターをご紹介します。

 

一人暮らし・少人数家族におすすめ3選

バッファロー WHR-1166DHP4

高速Wi-Fi規格に対応しており、通信速度を気にすることなく使えます。安定した高速インターネットが可能な、ギガ対応となっている有線ポートで、パソコンを使う時にも十分満足して使えます。パソコンやスマートフォンなどのWi-Fi端末の位置検知をし、そこに向けて集中して電波が届く「ビームフォーミング」に対応しています。
推奨利用環境は、マンション3LDK・戸建て2階建て、9台までとしています。

 

NEC Aterm WG1200CR PA- WG1200CR

5GHzのac規格に対応しており、最大で867Mbpsの高速通信が可能になっています。こちらもスマホの位置を検知し集中して電波を送信する「ビームフォーミング」対応なので快適に使えます。さらに電波の届きがよくないときに威力を発揮してくれる「Wi-Fiデュアルバンド中継機能」が搭載しています。「Wi-Fi設定引越し」機能が搭載されているので簡単に引き継ぎができます。
推奨利用環境は、マンション3LDK・戸建て2階建て、10台までとしています。

 

エレコム 無線LANギガヒットルーター WRC-1167GHBK-S

2本の高感度アンテナを内蔵しているので、離れていても電波が途切れにくく安定して通信できます。ソフトウエアに比べ、ハードウェアで通信処理を行う「ハードウェアNAT」搭載により通信速度を向上します。また、お子さまがゲームなどで長時間ネットをやりすぎないように制限する「こどもネットタイマー2」機能が搭載されています。
推奨利用環境は、マンション3LDK・戸建て2階建て、12台までとしています。

 

 

家族・大人数で使う方におすすめ3選

NEC Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3

他の家電からの電波干渉を避ける「オートチャネルセレクト」や、混雑していない周波数帯へ自動で振り分ける「バンドステアリング」搭載で、通信速度の低下を防ぐことができる商品です。新開発の「ワイドレンジアンテナ」で360℃電波が届くので、本体から離れた場所でも安定してゲームやスマホなどネットを楽しむことができます。
推奨利用環境は、マンション4LDK・戸建て3階建て、18台までとしています。

 

バッファロー Wi-Fi無線LANルーター WSR-2533DHPL

大容量を短時間で転送する高速規格に対応し、4×4アンテナを搭載しているので、高速通信が可能です。「ビームフォーミング」機能により、今まで届きにくかった場所でも快適ネットを楽しめます。「アクセスコントロール機能」搭載で、ゲーム機やタブレットのお子さまのネットの使い過ぎやアクセスの制限が可能となり安心です。Wi-Fiルーターの乗り換えが簡単な「無線引っ越し機能」を搭載しています。
推奨利用環境は、マンション4LDK・戸建て3階建て、18台までとしています。

 

エレコム 無線LANギガヒットルーター WRC-2533GST2

「らくらく引越機能」対応。5GHz帯は1733Mbps、2.4GHzは800Mbpsの高速通信可能で、4Kテレビも快適に視聴できます。また、自動回線切り替え機能「ALS」を搭載しているので、設定不要でPPPoE接続からIPv6 IPoE接続に移行可能。悪質サイトのブロックや脆弱性を狙う攻撃・情報漏えいを伴う外部への不正通信をブロックする「セキュリティ機能」搭載で安心してネットが楽しめます。
推奨利用環境は、マンション4LDK・戸建て3階建て、24台までとしています。

ポケットWi-FiとモバイルWi-Fi、WiMAXに違いはあるの?選び方と比較

家で使える無線LANルーター以外に、屋外などにも持ち歩けるWi-Fiルーターを探している方は、ポケットWi-FiやWiMAXが気になる方もいるでしょう。しかし、ポケットWi-Fi、モバイルWi-Fi、WiMAXと、こちらもそれぞれの違いがよくわからないですよね。

 

ポケットWi-Fi・モバイルWi-Fi・WiMAXの、それぞれの違いや比較、選び方などについて細かく紹介していきます。違いが分からず混乱されている方の悩みもスッキリ解消していきます。

 

モバイルWi-Fi・ポケットWi-Fiの違いとは

モバイルWi-Fiのモバイルは、その名の通り「モバイル=携帯性・移動性」を意味しています。ですので、持ち歩けるWi-Fiルーター(端末)を指します。

 

では、ポケットWi-Fiは何を意味しているのでしょうか?ポケットWi-Fiは、ワイモバイル(Y!mobile)が商標登録しているサービス名のことです。つまりモバイルWi-Fiの中に、商品名としてポケットWi-Fiがあるのですが、一般的に大きく広まったことでモバイルWi-Fiという意味で認識している方も多いようです。

 

ポケットWi-Fi・WiMAXの違いとは

WiMAXもポケットWi-Fiと同様、モバイルWi-Fiの一つになります。しかし、ポケットWi-FiとWiMAXでは、インターネットをつなぐ「回線」に大きな違いがあります。

 

WiMAXは、UQコミュニケーションズという会社が提供しているサービスです。「WiMAX2+」というWiMAX専用回線を使用しています。またCMでおなじみのUQモバイル(mobile)も提供しています。

 

ポケットWi-Fiは、主にY!mobile(ワイモバイル)、Softbank・docomo・auなどの会社が提供しているサービスです。スマホなどで使用しているキャリア回線を使用してインターネットにつなげています。

 

ポケットWi-Fi・WiMAXのサービスの比較

Y!mobile(ワイモバイル)・Softbank・docomo・auの会社が提供しているポケットWi-Fiと、UQコミュニケーションズという会社が提供しているUQ WiMAXでサービスの内容を比較していきます。

 

選ぶ基準としてYouTubeやHuluなどの動画を見るのであれば「無制限で使える」「速度制限がかからない」ことに重点を置きましょう。更に「月額使用料が安い
ことも重要ですよね。この3つのポイントについて紹介していきます。

 

データ容量が無制限で使えるプランはあるか

動画の視聴やオンラインゲームに、LINEやSkypeでビデオ通話などをするなら、データ容量制限がないプランがおすすめです。無制限プランのサービスを提供している会社を調べてみると、au・Y!mobile・UQ WiMAXの3社でした。
Softbankとdocomoは、無制限プランはなくデータ容量が決まったプランのみの提供でした。

 

速度制限についてはどうか

データ容量が無制限で使えるau・Y!mobile・UQ WiMAXの3社で比較してみました。au「無制限ポケットWiFi
・UQ WiMAX 「Flatツープラスギガ放題」・Y!mobile「PocketWiFiプラン2(アドバンスオプションを追加)
は、共通して3日間で10GBまでしか使えません。逆を言えば3日間で10GBまではストレスなく使えるという事ですね。

 

月額使用料金が安くコスパがいいか

WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズは、実はauの子会社です。WiMAXが使っている回線はauの回線と同じになります。ですので、ポケットWi-Fiとは言えWiMAXと同じサービスになります。それならauを使っているならauの方がお得じゃない?と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、WiMAXはプロバイダ(販売代理店)での割引があり、これがとてもお得になります。もちろんauやSoftbankの携帯を使っていれば、携帯とのセット割もありますが、WiMAXのプロバイダ割り割引の方が安くなります。

 

また、Y!mobileは、アドバンスオプションを追加した合計の月額料金で比較すると、割引後のWiMAXの月額料金に比べて割高になります。月額使用料・トータルの料金を安く抑えたければ、お得な割引キャンペーンのあるWiMAXがおすすめです。

 

WiMAXを1番お得に契約するには

ポケットWiFiとWiMAXの違い、更には「月額使用料が安く」「無制限で使える」「速度制限がかからない」で比較したところ、WiMAXが最もおすすめでした。

 

契約する前に、どの契約プランにするか?どの機種にするか?を決めてなくてはいけません。使いやすくてストレスのない、機種や契約プランはどれがいいでしょうか?

 

そして、WiMAXの契約は、UQ WiMAXだけではありません。プロバイダ(販売代理店)を通して契約することもできます。プロバイダではそれぞれが独自のお得なキャンペーンを行っているので、少しでも費用を安く抑えたい方はプロバイダでの契約がおすすめです。

 

しかし、どのプロバイダと契約するかによって割引率が大きく変わってきます。1番お得に契約したいなら、プロバイダでのキャンペーン内容や注意事項をしっかり確認しましょう。

 

おすすめの契約プランと機種

オンラインゲームや動画・ビデオ通話をストレスなく使いたいなら、データ容量を無制限で使えることが重要ですので、契約プランは「ギガ放題(3年)プラン」がおすすめです。機種(ルーター)は、WiMAX最新機種の「W06」がおすすめです。

 

なぜなら2019年1月に発売された「W06」は、今までの機種と比較してよい点がたくさんあるからです。まずは、通信速度が最速(558Mbps・LTE利用時は867Mbps)になります。さらに、「高性能ハイモードアンテナ」搭載で電波を受信する性能と「TXビームフォーミング」でスマホなどの端末へ電波を送信する性能が向上しているので、よりつながりやすくなっています。

 

おすすめのプロバイダとキャンペーン内容の種類

プロバイダごとに、キャンペーンの内容が違います。しかし、キャンペーン内容は、大きく二つに分けることができます。月額費用が安くなる「月額割引型」と、多額のキャッシュバックのある「キャッシュバック型」があります。

 

選ぶプロバイダでWiMAXのサービスが変わらないので、割引率が高い方がいいですよね。それでは、どこのプロバイダがいいのでしょうか?

 

「Broad WiMAX」や「BIGLOBE WiMAX」なども、月額割引やキャッシュバック割引のキャンペーンがあります。しかし、3年間の支払い費用をトータルで見た場合、3年間ずっと割引があり、さらにキャッシュバック額の多い「GMOとくとくBB」というプロバイダが1番安くておすすめでした。

ワイファイルーター?おすすめ まとめ

いかがでしたでしょうか?
無線LAN(Wi-Fi)ルーターは、自宅で使うことがメインなので、家の間取り・通信機器の使用台数・人数など、自分の生活環境に合わせて選ぶことが大切です。

トップへ戻る