wimaxおすすめプロバイダ比較ランキング正直どれも一緒

WiMAXおすすめプロバイダ基礎知識

人物画像

WiMAXは、青いガチャピンやムックのCMでお馴染みの、最も有名な高速通信のモバイルWi-fiです。
外出時にパソコンやタブレット端末を多用する方にとっては、高速モバイル通信の定番となっております。

 

もちろん、光回線の契約や工事、解約などの手続きが面倒だという方にとっても、WiMAXを自宅へ導入すれば、工事などもなく高速通信のネットをたっぷり使える環境が手に入ります。

 

スマホの料金をとにかく安くしたいという格安simや固定回線である光回線では手に入らない、融通の利く便利さが特徴です。

 

今回のWiMAXの2019年おすすめプロバイダと最新機種厳選の記事で、

「WiMAXって色々な会社がキャンペーンをしているけど、どこを使っていけばいいの?」

「契約時に選べるWiMAXルーターの性能の違いが分かりにくい」

という方々の不満を解決すべく、徹底的に解説していきます。

 

WiMAXの選び方チェックポイント

 

 

ここではWiMAXプロバイダを選ぶ前に、ぜひ知っておきたい事について説明しておきます。

 

どのプロバイダとの契約でも通信速度とエリアは同じ

 

主な料金プランは、実質無制限のギガ放題と月間7GBまでの通常プランの2種類

 

WiMAX回線の通信速度の違いは通信機器の性能の違い

 

最安値のプロバイダを選ぶなら公式のUQ WiMAXは選ばない

 

性能はどのプロバイダでも同じ

まず、WiMAXプロバイダは数多く存在するのですが、どのWiMAXプロバイダでも通信速度とエリアは同じです。

 

WiMAX通信網を所持するWiMAX通信事業者は、携帯のauで有名なKDDIグループの子会社、UQコミュニケーションズです。

 

私たちはWiMAXを使用する為に、プロバイダという接続事業者を選んで契約しているのです。

 

月間7GBまでの通常プランは、携帯のLTE回線とほぼ変わらない月間データ容量制限であり、契約するメリットが限られます。

 

WiMAXは実質無制限(直近3日間で10GB以上利用の場合、速度制限あり)で利用できる点がメリットです。
プランを選ぶ際はギガ放題プラン一択でしょう。

 

速度は端末の性能でまるで違う

通信容量の違いは契約の違いによりですが、通信速度の違いは、通信機器の性能の違いです。

 

WiMAXのルーターはプロバイダと契約する際に選べる重要な選択肢の一つです。

 

おすすめ機種は後の項目で徹底解説したします。

 

UQワイマックスは選んではいけない

料金を比較する前に押さえておきたい最後のポイントとして、公式のUQ WiMAXは選ばないという点は重要です。

 

公式のUQ WiMAXが価格競争に加わると、契約で利鞘(りざや)やを得る各プロバイダはユーザーとの契約が困難になります。
そのため、WiMAXのサービスをもっと広げたいUQ WiMAXが、他社プロバイダと混ざって最安値競争に加わることはありません。

 

プロバイダが安くなる仕組みを理解し、プロバイダと契約するデメリットがないと理解できた上で、契約業者を増やしたくない人に限り、公式のUQ WiMAXを考えて良いと言えます。

 

参照:uq wimax公式サイト:プラン一覧
https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/gigahodai/

 

逆にいえば、プロバイダを通じた契約にデメリットはなく、安くしたいならプロバイダを選ぶべきといえます。

 

WiMAXおすすめプロバイダ 機種を比較

実はプロバイダ数と違い、ルーターの最新機種の種類はごく限られます。
ひと昔前まで2年契約もありましたが、現在WiMAXの契約期間は3年が基本であるため、一度契約したら、3年後は同じ機種を使います。
契約時に選ぶルーターはなるべく最新機種にしておきたいところです。

 

現在、モバイルルーターはHuaweiとNECプラットフォームズの2社の最新機種が最も適した選択肢です。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)
Speed Wi-Fi NEXT WX05(NECプラットフォームズ)

 

 

通信速度で一押しなのはWiMAX端末の最新機種である「Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)」です。
W06の下り最大1.2Gbps(1,200Mbps)は、WX05の440Mbpsとは基本的に圧倒的な差があります。
あくまで理論値で、実際の通信速度では大差は出ませんが、全体的な性能の向上が回線の通信速度にも影響が見られる点は高いポイントです。
逆に他の重要な要素、携帯性とバッテリーの持ち、設定が簡単などの全体的な使い勝手の良さが「Speed Wi-Fi NEXT WX05(NECプラットフォームズ)」の特徴です。
バッテリーを優先したモードで比較した場合、W06が11.4時間なのに対し、WX05は14時間持続します。
また、端末の長さもWX05の方が短いのでポケットに入れるならWX05の方がいいでしょう。

 

 

冒頭で述べた光回線の契約や工事、解約などの手続きが面倒な方で、自宅での使用が前提の場合は選択肢が異なります。
モバイルルーターを家庭用として使う為のクレードルを購入してもよいのですが、自宅用途ならホームルータータイプの検討をおすすめします。

 

 

Speed Wi-Fi HOME L02(Huawei)
WiMAX HOME 01(NECプラットフォームズ)

 

 

どちらもモバイルルーターよりもアンテナが広範囲で、機能的にも安定通信を期待できるのが魅力です。
家庭内用途ならホームルーターは一押しです。

WiMAXおすすめプロバイダ 月額料金比較

WiMAX通信網を提供する通信事業者はUQコミュニケーションズですが、プロバイダはUQコミュニケーションズのUQWiMAXをはじめ、20社を超えるプロバイダが存在しています。
非常に多いプロバイダの中から、毎月のように変わるキャンペーンの違いを確認し、プランの月額料金や最新機種もふまえて選択するのは大変な作業です。
契約で目指すべき大事なポイントは、

 

 

欲しい通信機種(WiMAXルーター)が手に入り、キャッシュバックを含めた3年間のトータル金額が最安値のプロバイダを選ぶ

 

 

という事です。しっかり参考にしてみてください。

 

 

これから、ほとんどの人が契約するギガ放題プランでプロバイダ料金を比較します。
最近は、どのプロバイダも3年契約が基本であり、3年ごとの契約更新となります。
ざっくりと3年間の負担額(キャッシュバック適用時)を計算してみたのでランキング形式で並べます。
項目が増えすぎると逆に意味も分かりにくい表になりがちです。
なので、キャッシュバックの内訳と、3年以降も継続した時の、36ヶ月以降の月額料金だけあわせて掲載します。

 

 

 

おすすめプロバイダ3年間負担額の安い順ランキング【2019年6月】
3年間の負担額 36か月以降の月額料金
(キャッシュバック適用)
1位 JPWiMAX 115,100円 4,100円 (16,000円のAmazonギフト券。10,000円分はほぼ即日。)
2位 GMOとくとくBB 120,110円 4,263円 (W06、WX05本体のみの場合32,050円キャッシュバック)
3位 @nifty WiMAX 123,240円 4,100円 (23000円キャッシュバック含む。@nifty基本料金250円/月が不要の場合)
4位 Broad WiMAX 128,626円 4,011円 (初期費用0円のWEB割キャンペーン適用時)
5位 So-net WiMAX 130,320円 4,379円
6位 カシモWiMAX 130,368円 4,079円
7位 BIGLOBE WiMAX 2+ 136,800円 4,380円

 

 

 

新規プロバイダから大手プロバイダまでまんべんなくランキングの対象としました。
上記の通り情報がそろったので、契約時に実質無料で手に入るWiMAXルーターを考慮しながら、最適なプロバイダを決定します。

 

 

 

−おすすめベストプロバイダ【2019年6月】−
Huawei製が欲しいとき JPWiMAX
NECプラットフォームズ製が欲しいとき Broad WiMAX

 

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W06(Huawei)、あるいはSpeed Wi-Fi HOME L02(Huawei)が手に入るプロバイダで一番おすすめなのは「JPWiMAX」です。
JPWiMAXのキャッシュバックはAmazonギフト券なので、現金ではありません。
しかし、キャッシュバック抜きでみた月額料金も高くない部類であり、ギフト券16,000円分のうち、10,000円分は契約してすぐに受け取れます。
キャッシュバックを受け取るまでの期間は他社と比べても最短で、もらい損ねて結果的に高額になるリスクは少ないでしょう。
JPWiMAXではNECプラットフォームズ製のWiMAXルーターはあつかっていません。
色々と話題のHuawei製ですが、Huawei製の端末が良いならJPWiMAX一択でしょう。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05(NECプラットフォームズ)、あるいはWiMAX HOME 01(NECプラットフォームズ)が手に入るプロバイダでおすすめは「Broad WiMAX」となります。
Broad WiMAXで安くするなら、初期費用0円のWEB割キャンペーンを適用しておきましょう。
下記にまとめた条件をすべて満たした場合のみ適用となりますので契約時は注意して下さい。

 

条件1 Webフォームからのお申込み
条件2 料金プランを月額最安プランでお申込み
条件3 お支払い方法をクレジットカード払いでお申込み
条件4 安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションに加入
※ 商品到着後に無料で解約可能です

 

条件4のオプションサービスは有料です。特に不要な場合は、余計な支払いが増える前に商品が到着したら忘れず解約しておきましょう。
ちなみに、このキャンペーンを適用してから24ヶ月以内にWiMAX回線を解約したら違約金が発生します。
それぞれのプロバイダにも

 


18,857円割引キャンペーンの適用を受けたお客様が、ご契約開始月翌月から起算して24ヶ月以内にWiMAX回線を解約する場合、キャンペーン違約金として別途9,500円を請求させていただきます。

引用元 https://wimax-broad.jp/campaign/web-discount.php

 

上記プロバイダのなかで36ヶ月以降の月額料金は最安値となります。
さらに、他社WiMAXプロバイダからBroad WiMAXへ乗り換える際、最大19,000円の違約金を負担してくれるキャンペーンをしているのも大きなポイントです。

 

 

 

次点のGMOとくとくBB WiMAXの3年間負担額は、JPWiMAXに次ぐ安さです。
しかし、キャッシュバックによる割引が大きい分、受け取りを忘れるリスクも大きくなります。
キャッシュバックありきの3年間負担額の安さであるにもかかわらず、条件的に受け取り忘れやすく、結果的に思ってたより高くつく事も多いです。
ちなみに、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取り手順の記載がGMOとくとくBBのホームページにありましたので紹介致します。

 


キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。
基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

引用元 https://gmobb.jp/lp/gentei8/?pid=vlc101&utm_source=vc&utm_medium=cpc&utm_campaign=wimaxcb

 

 

※ 重要:案内が来るのは「入会時に作ったメールアドレス」です。

 

約1年後のメールが届く時期にメールチェックを覚えており、正しい手続きで口座振替先を申込み、完全に登録できた結果キャッシュバックを受け取れるのです。
これでようやくトータルで安くなるのです。
手続きまでの期間が長すぎ、結果的につい忘れがちで他社よりも多く支払う事になるなど、ユーザーの評判も悪くなりがちです。
以上の理由により、キャッシュバック受け取りまで期間が長いプロバイダは、最安値プロバイダとしてはおすすめしておりません。

 

 

 

GMOとくとくBB WiMAXの代わりに3位にある@nifty WiMAXがベストとならなかったのは、別途@nifty基本料金が毎月250円必要な事と、キャッシュバックの受け取りが12ヶ月後という点を考慮した結果です。

WiMAXおすすめ キャッシュバック額比較

WiMAXおすすめキャッシュバックのもらいやすさ比較

契約前に通信エリアの確認を

プロバイダとルーターの選び方が分かったところで、最後にチェックしておく事があります。
WiMAXの通信エリアは、携帯電話ほど通信網が行き届いていません。

 

高速通信の実力が発揮できるエリアは主に都市部が中心であり、山間部には弱いのが現状です。
現時点で自分の住むエリアでの電波の範囲がはっきりせず、契約が決められない場合、UQ WiMAXホームページの
「サービスエリアマップ」の確認や、「ピンポイントエリア判定」を使ってみてから申し込みをした方が良いでしょう。

 

WiMAX(ルーター)のサービスエリア
https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

トップへ戻る