GMOWiMaxを違約金実質0で解約する方法

GMOとくとくBBWiMaxを実質違約金0で解約する方法

GMOとくとくBBが提供しているWiMaxですが、キャッシュバックまでのハードルの高さが悪評となっています。

 

人物画像

 

そんな極悪イメージが強いGMOのWiMax、やはりキャッシュバックをもらい損ねる人が続出!
もらい損ねると、ずっと解約できるタイミングまで、高い料金を払い続けなければなりません。B

 

GMOのWiMax、もうやめたい!と思ったあなた、一切ダメージなく解約する方法があります。

 

この記事はこんな人向けです。

 

GMOのWiMaxのキャッシュバックの金額につられて、契約してしまった人。
GMOのWiMaxのカラクリを後から理解して、サービスを解約したいと思っている人
GMOのWiMaxを解約したいがどうしていいかわからない人

 

解約に関してもやることが結構めんどくさいのですが、順にご説明していきます。

GMOWiMaxの実質違約金はどのタイミングでいくらかかるのか?

まずGMOWiMaxの実質違約金はどのタイミングでいくらかかるのか?確認してみましょう。

 

端末受け取り付きとその翌月を1カ月目とした1カ月目から24カ月目までの解約の場合、24,800円の解約手数料。
25か月目以降 契約更新月以外の解約の場合9,500円の解約手数料。
更新月に解約する場合は手数料なし。

 

この3の解約手数料がかからないタイミングはいつなのか?

 

契約してから3年目、(25カ月目)の一か月間
5年目(49カ月目)の一か月間

 

GMOワイマックスを解約して違約金がかからないタイミングはこの二つの1カ月間のみです。 5年間の間に2ヵ月しか、違約金なしで解約できる月がないのです!

 

この二つの期間を仮に逃した場合、契約は自動で更新されて行きます。

 

自動で更新されるのをちゃんと気を付けて止めないと、、じゃんじゃんにGMOにお金を払い続けることになってしまいます。

 

キャッシュバックの金額も高いGMOですが、先ほどの表にもあるように実は月額も決して安くはなく、そしてさらに解約手数料もほかのプロバイダよりも高く設定されています。

 

ちなみにUQワイマックスの解約金は1年目で19,000円、2年目で14,000円、3年目以降は9500円となっていて、

 

さすがにこれと比べると24,800円というのは、高いな〜と感じてしまう料金設定となっています。

GMOのwimaxの解約時に違約金を払ってくれるBroadWiMax

GMOで高い料金でワイマックスを使い続けるか、ほかのプロバイダに乗り換えるか、または固定回線に鞍替えするかとても悩むところだと思います。

 

実際GMOのワイマックスを渋々使い続けている人も見たことがありますが、なんとなくやはり騙された感を抱えながら使っている場合が多いようです。

 

キャッシュバックアウト(キャッシュバックをもらえなかった)してしまった人ならなおさらいやーな気持ちを抱えたままインターネット生活をしなければならず、困ったものです。

 

キャッシュバックアウトしてしまった人が月々支払うワイマックスの料金は4,648円とかなり高額で、これをずっと支払い続けるのは正直負担が大きいです。

 

乗り換えを考えるにしても、解約金をはらって、さらに他社のプロバイダにお金を払うのはきつい。。と思っているあなた。

 

ブロードワイマックスに乗り換える場合なら、ブロードワイマックスがGMOを解約するときの解約手数料を負担してくれるのです。

 

GMOの解約違約金が24,800円
ブロードワイマックスが負担してくれる金額が19,000円
差額が5,800円です。

 

GMOワイマックスの月額利用料が4,648円、ブロードワイマックスの月額が3,926円、

 

GMOワイマックスからブロードワイマックスに乗り換えることによって毎月722円の節約になり、違約金の差額5,800円を8カ月で回収するとが出来ます。

 

これがGMOでキャッシュバックの金額につられてつらい思いをしている人が、ストレスなく安い料金のワイマックスに乗り換える方法です。

 

ワイマックス自体は端末の性能の差はありますが、端末が同じならどのプロバイダで契約しても性能は同じ。

 

だったら月額料金をなるべく安く抑えることが出来たほうが絶対いいに決まっています。

 

もしあなたがGMOとくとくwimaxを契約してしまい悲しい思いをしているのなら、ブロードワイマックスに乗り換えることで気持ちが晴れ晴れすること請け合いです。

gmoとくとくbbを無料で解約できるタイミングは?

gmoとくとくbbを無料で解約できる月は37ヶ月目の契約月ですので、契約したばかりの人にしてみればはるかかなた遠い未来なお話です。

 

gmoとくとくbbを無料で解約できるタイミング以外で解約すると、かなりの費用がかかってしまうのが基本のパターンです。

 

違約金のかからない更新月は、

 

契約から25カ月目の一か月間と、
5年目、49か月目の一か月間の二回です。

 

2年以上の契約期間が過ぎて次の更新月がタイミングです。

 

例えば5月に契約して端末を受け取った場合は、その2年後の6月が更新月となります。

 

正確には3年契約なら25ヶ月目、その次はば49ヶ月目が該当します。
更新月の前月の21日以降に解約手続きを始めることが可能です。期間は1カ月間、更新月の20日までが更新の申し込みのタイミングです。

 

それを逃してしまうと自動更新となり、解約が出来ません。

 

この1カ月間だけ、違約金が発生しません。 1カ月しかないので、安心して解約することができるというよりは、タイミングを逃さないようにハラハラドキドキです。

 

間違いなく手続きする為には、会員サポートページのbbnaviを利用して最新の情報を常に確認することが大切です。
サービスの利用を始めた翌月から数える形なので、1ヶ月ズレて認識していると、更新月を間違えてしまう恐れがあります。

 

それに、1日でも期限を過ぎて解約すると違約金がかかりますから、間違えないように前もってbbnaviをチェックするのがベストです。
仮にもしチャンスを逃してしまえば、次の機会まで契約を続けることになったり、違約金を払わなければなくなるので注意しましょう。

 

最低利用期間を経過した後の解約は、会員サポートページのbbnaviで手続きできたり、gmoに対する端末の返却が不要ととても便利です。
注意点は、違約金は更新月いっぱいかからないわけではなく、期限を過ぎると契約が更新されてしまうことです。

 

それから契約当月であれば、8日以内か20日以内の間で、違約金不要の解約が実現します。
8日以内なら無条件で手続きできますが、税抜3,000円の事務手数料は請求されます。

 

20日以内でも違約金はありませんが、電話で手続きをする必要があったり、使った分の料金は請求されるなど負担があります。
返送料負担で端末を返さなくてはいけないので、キャンセル可能といってもダメージゼロではないです。
2年目以降の25ヶ月、37ヶ月のタイミングなら、違約金どころか端末の返却も不要なので、ダメージゼロで解約が行えるでしょう。

 

なぜWiMaxをキャッシュバックの金額で選んではいけないのか?

 

GMOとくとくbbで契約してしまった人も、ブロードワイマックスなら解約金を負担してくれるので安心して乗り換えることが出来ます。実質的な月額料金は下げられることになり、いつGMOから乗り換えてもお得ということになります。

GMOWiMaxの解約に伴う実際の作業と用意するもの

gmoとくとくbb wimaxのワイマックス契約、サポートの手厚さなどの評判はいいけどサービスの内容が希望の条件に合わなかったので解約方法を探している人がたくさんいますね。

 

公式ウェブサイトにBBnaviという項目があり、そこに登録したIDやパスワードなどの情報を入力する事で、契約内容が分かりやすく表示されるので、そこから契約を解除する事が可能です。

 

BBnaviの入力フォームでは、IDなどの情報は半角英語と半角数字で入力する必要があるので注意してください。gmoとくとくbb wimaxの公式ウェブサイトのQ&Aにも、解約手続きの手順は記載されているので、手続きを進める前に読んでおく事を推奨します。

 

電話窓口から契約を解除したいと申請する事もできて、契約を解除した後にはSIMカードを返却をしてほしいと言われる場合もあるので、どこにSIMカードを送ればいいのか情報を調べておく事も重要です。

 

解約手続きの流れはとてもシンプルで、まずは公式サイトから会員サポートページのbbnaviを開き、IDとパスワードを入力してログインします。

 

次に、現在ご利用中のサービスの項目を選び、契約更新月を確認して作業できるかチェックしましょう。

 

手続きは契約更新月の前月21日から20日まで可能で、この間ならbbnaviで解約できます。

 

それ以外の月に解約を希望する場合は、その月の20日よりも前に、電話窓口かWebフォームで問い合わせする必要があります。

 

更に、毎月1日から10日頃は請求書の作成期間中なので、この間も通常の方法では解約できないことに注意が必要です。

 

タイミングを誤ると翌月の料金が請求されてしまいますし、折角のタイミングを逃す恐れもあります。

 

解約しても連絡がない場合は、メールの受信を拒否してしまっていたり、迷惑メールに分類されている可能性が高いです。

 

サポートセンターに連絡を入れる場合は特に、問題なくやり取りできるように気をつけたいところです。

 

利用サービスの削除を済ませることができれば、端末の返却は不要なので、これでもう完了となります。

 

解約手続きにおける注意点としては、更新月を逃すと契約期間に応じて、税抜19,000円か24,800円の違約金が発生することが挙げられます。

 

それに26ヶ月以降でも、9,500円の違約金が設定されていることも注意点に加わります。

 

更新月の確認はbbnaviにログインするだけと簡単ですし、何時でも表示してチェックできるので、解約可能になる前から定期的に確認した方が良いでしょう。

 

日付も解約手続きにおける注意点なので、何時契約して利用を始めたか、その月から数えて何ヶ月かも要チェックです。

 

クーリングオフ期間の8日以内や20日以内でも、解約手数料を支払わずに利用をやめることができます。

 

20日目までならリスクなしでやめられますが、8日目を過ぎた後は電話窓口に問い合わせて、そこから手続きを進めることになります。

 

受け付けは平日10時から19時のあいだですから、曜日や時間を逃さないように気をつけましょう。

 

それとキャンセル扱いになるので、20日目までに使用した分の通信料を支払ったり、端末の返却が必要なことにも注意です。

 

 

GMOとくとくBB WiMAX違約金のかからない更新月は?

 

改めて違約金のかからない更新月を確認すると、利用開始2年後の翌月25ヶ月目か、3年経過後の37ヶ月目となります。

 

前月21日から当月20日までが解約のチャンスで、違約金を支払わずにサービスの利用がやめられます。

 

最低利用期間を経過した後の解約は、会員サポートページのbbnaviで手続きできたり、gmoに対する端末の返却が不要ととても便利です。

 

注意点は、違約金は更新月いっぱいかからないわけではなく、期限を過ぎると契約が更新されてしまうことです。

 

それから契約当月であれば、8日以内か20日以内の間で、違約金不要の解約が実現します。

 

8日以内なら無条件で手続きできますが、税抜3,000円の事務手数料は請求されます。

 

20日以内でも違約金はありませんが、電話で手続きをする必要があったり、使った分の料金は請求されるなど負担があります。

 

返送料負担で端末を返さなくてはいけないので、キャンセル可能といってもダメージゼロではないです。

 

2年目以降の25ヶ月、37ヶ月のタイミングなら、違約金どころか端末の返却も不要なので、ダメージゼロで解約が行えるでしょう

 

トップへ戻る